大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花粉症とレーシック
今年はスギ花粉がかなり大量に飛んでいます。

大宮七里眼科にもたくさんの花粉症の患者さんが来ています。

この時期、コンタクトレンズを使用している方達はたいへんです。
花粉症による目のかゆみがコンタクトレンズで悪化するからです。

レーシックは花粉症の人にも大変有用です。
コンタクトレンズが必要なくなり、かゆみが改善するからです。

花粉症の方たちはレーシックをぜひ検討してください。


下の写真は大宮七里眼科のレーシック手術室です。
世界で最新・最速のレーシック機器、アルコン社のリフラクティブスイートを導入しています。




DSC_1711re.jpg






DSC_1720re.jpg





DSC_1718re.jpg



DSC_1709re.jpg




大宮七里眼科HP
www.nanasatoeye.com





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

大宮七里眼科では眼科専門医がレーシックを行います

大宮七里眼科では眼科専門医である山崎院長がレーシックを行います。

さらに大宮七里眼科に勤務する医師は院長を始め全員が眼科専門医です。

眼科専門医は日本眼科学会が認定する資格です。
規定の期間、眼科の臨床経験を積み、さらに眼科の医学論文を執筆し、学会発表をし、さらに試験に合格する必要があります。
眼科専門医試験は他の科の試験よりも合格率は低く、難関と言われています。


大宮七里眼科では白内障手術についても日本で最初に成功したレーザー白内障手術はもちろん、すべての患者を院長が執刀しています。


どの医師が手術を執刀するのか、事前に説明する必要があると大宮七里眼科では考えています。

「顔の見える医療」を大宮七里眼科は実践しています。


  

DSC00819re.jpg



大宮七里眼科公式HP
www.nanasatoeye.com







先進医療施設の眼科でレーシックを受けられます


大宮七里眼科は先進医療認定施設です。

厚生労働省の先進医療認定施設は全国にほとんどありません。

先進医療認定施設でレーシックが受けられる施設は全国的にもごく限られています。

レーシックは一生を左右する、重要な手術です。
大宮七里眼科では入念な術前検査で疾患がないかを厳密に調べます。
レーシックを行う器械は世界で最先端のアルコン社・リクラクティブスイートを採用しています。
手術後も長期間、責任を持って術後管理を行います。

レーシックは眼科手術です。
厚生労働省認定先進医療施設で受けることをおすすめします。

現在、大宮七里眼科レーシックセンターの開設キャンペーン価格(片眼18万円)で、最新のウエーブフロントオプティマイズド・レーシックが受けられます。
さらなる最先端レーシックであるトポガイド・レーシックもキャンペーン価格(片眼21万円)で行っています。

*キャンペーン価格は事前に通知することなく終了する場合がありますのでご注意ください。

DSC00812re.jpg
↑大宮七里眼科のレーシック専用ラウンジです。



大宮七里眼科
www.nanasatoeye.com







テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

さいたま市でレーシックを受けられます!! 大宮七里眼科レーシックセンター
埼玉県でレーシックを受けようと思っている方々へ。
埼玉県さいたま市で眼科専門医によるレーシックが安心して受けられるようになりました!!


レーシックを受けようと思っていた埼玉県在住の方々は、きっと東京の大規模レーシック専門クリニックまで行ってレーシックを受けることに不安を感じていたのではないでしょうか?

東京のレーシック専門クリニックでレーシックを受けても、ずっとフォローできるのか心配という声を耳にしました。

しかしこれからは埼玉県さいたま市、大宮でレーシックを受けられます。
しかもレーシック専門のクリニックではなく、レーザー白内障手術を日本で最初に行った眼科手術に精通した眼科医によるレーシックです。

3-4年前、東京のレーシック専門のクリニックで集団感染を起こすという大きな事件がありました。
レーシックが決して必ずしも100%安全な手術ではないということを改めて思い知らされる事件でした。

大宮七里眼科はレーシック専門医ではなく、眼科全般に精通した医師が万全の体制でレーシックを行います。



DSC00820re.jpg


↑ 大宮七里眼科の最新レーシック機器、リフラクティブスイートです。



http://www.nanasatoeye.com






大宮七里眼科でレーシックを受ける理由 - 術前と術後の検査

大宮七里眼科でのレーシックは世界最先端の機器、リフラクティブスイートを使用します。
リフラクティブスイートはフラップ作成を約6秒と超短時間で手術を終了させることができ、
トポガイドによる高次元の照射により、よりクリアな視界を提供します。

しかし大宮七里眼科でレーシックを受ける理由はそれだけではありません。
最新の技術で角膜の形状を計測し乱視や高次収差のマッピングができる前眼部OCT、Casia(Tomey社)やトポライザーVarioを用いた術前検査を行い、それを眼科専門医が分析して患者ごとに合った手術方法を選択することにより、最高精度のレーシックを行うことができます。
術前検査の結果によってはそれが患者さんに最適と判断した場合、レーシック以外の方法を提案することもあります。
大宮七里眼科ではレーシック術後のアフターケアを、眼科手術に精通した眼科専門医が行います。

レーシックはもちろん日帰りです。
両眼とも同日に行い、20分程度で終了します。
麻酔は目薬だけで、注射はしません。
大多数の方が翌日によく見えるようになり、眼鏡が不要になります。
レーシックはあっという間に終わりますし、痛みもほとんどないので手術中の患者さんへの負担は非常に少ない、素晴らしい技術です。
しかしレーシックは術前と術後が重要です。
大宮七里眼科ではレーシック前の検査を徹底的に正確に行い、手術後のアフターケアも万全の体制で行います。

大宮七里眼科でレーシックを受ける理由は術前と術後検査にもあると言えます。
大宮七里眼科では患者さんごとに合った最適な方法を提供します。

DSC00819re.jpg  


大宮七里眼科HP
http://www.nanasatoeye.com/









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。