大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眼内レンズの度数を決定する装置・IOLマスター・モデル700を導入しました
大宮七里眼科は光学式生体計測装置であるIOLマスター・モデル700を導入しました。

この器機では、最先端のOCTテクノロジーであるスウェプトソースを用いて眼軸を計測することにより、いままでの器機よりもさらに正確に眼軸を測定することができます。

いままでの器機では赤外線が透過しにくく測定しにくかった進行して混濁した白内障に対しても正確に測定できます。

さらには黄斑部を確認しながら眼軸を測定でき、より信頼性の高い検査ができます。

多焦点眼内レンズの度数決定には、非常に有用な器機です。


大宮七里眼科では角膜のカーブを精密に検査するために、前眼部OCT器機を導入しています。

前眼部OCTは乱視などの通常の検査器機で測定できる角膜のカーブのパラメーターだけでなく、角膜の後面のカーブや乱視を測定したり、角膜のあらゆる部位の厚みを測定でき、角膜から水晶体までの距離も測定できます。

前眼部OCT器機では白内障手術やレーシック手術の術前検査としてほぼ必須であるだけでなく、円錐角膜などの疾患の鑑別にも非常に有用です。

前眼部OCTは先進医療に指定されており、特別に混合診療が認められています。




iolmaster.png
↑ IOLマスター700です。


大宮七里眼科 ~ フェムトセカンドレーザー白内障手術





この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nanasatoganka.blog47.fc2.com/tb.php/261-f711e3da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。