大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮七里眼科では糖尿病網膜症の治療も積極的に行っています
大宮七里眼科では、さまざまな糖尿病網膜症の治療を積極的に行っています。

糖尿病はさまざまな合併症を引き起こしますが、もっとも日常生活に支障をきたすのは目の合併症である糖尿病網膜症です。
糖尿病網膜症は日本の失明原因のなかで2番目に多い疾患です。
よって内科で糖尿病と診断されたら、目の症状がなくても眼科への定期的検診を必ず受けましょう。

糖尿病網膜症は初期の段階では症状がまったくありません。視力低下やかすみなどの症状が起こってきたときにはすでにかなり進行している場合があります。
したがって糖尿病網膜症では症状が進んでから眼科での診察を受けはじめても、治療が手遅れになる可能性があります。
しかし自覚症状がない段階で早期に治療を受ければ、一生視力低下などを起こさないですむ可能性も大いにあります。
大宮七里眼科では糖尿病網膜症に対して網膜の断面図をとる光干渉断層計(OCT)や自発蛍光による眼底精密検査などを行い糖尿病網膜症を早期発見することができます。
大宮七里眼科では糖尿病網膜症を起こっている症例に対してレーザー治療(網膜光凝固)による治療や、ルセンティスやアイリーアといった最新の薬剤を目に注射する抗血管新生薬療法を積極的に行っています。

内科や健康診断で糖尿病、あるいは糖尿病疑いと診断されたら大宮七里眼科で検診を受けましょう。


blogDetail000431.jpg 


大宮七里眼科サイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。