大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮七里眼科は加齢黄斑変性への治療にも力を入れています

大宮七里眼科では加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい、通称AMD)への最も先進的な治療である抗血管新生薬療法(薬品名: ルセンティス、アイリーア)という薬剤の投与による治療を多数の症例に行いました。

加齢黄斑変性は網膜の下の脈絡膜から新生血管ができる疾患で、最近まで効果的な治療はありませんでした。
しかし現在では加齢黄斑変性にたいして視力の低下を押させ、時には視力を改善させる効果を持つ抗血管新生薬療法(薬品名: ルセンティス、アイリーア)が行われています。
大宮七里眼科ではルセンティスやアイリーアという硝子体腔内注射による加齢黄斑変性の治療を積極的に行っています。

加齢横斑変性06

「新聞の文字が見にくくなってきた」「障子の桟(さん)が曲がって見える」などの症状がある方、他の病院で加齢黄斑変性とい われた方は大宮七里眼科にご相談ください。

すでに大宮七里眼科では多数のルセンティスやアイリーアを多くの患者さんに使用し、良好な結果を得ています。
実際に視力の改善した方も多数います。

加齢黄斑変性になると、見たいところが見えない、読みたい文字が読めないなど、日常生活に支障をきたします。
網膜とは目をカメラに例えるとフィルムにあたる所です。加齢黄斑変性はその網膜の真ん中である黄斑におこります。
したがって視野の真ん中が見にくくなります。

加齢黄斑変性の主たる症状としては

・ものがゆがんで見える
・視界の中心が暗く見える
・視界がぼやけて見える
・ものの見え方が不鮮明になる

などがあげられます。
片方の目から発症することも多いため、病気に気づきにくく、加齢のせいにしてそのままにしてしまうケースも少なくありません。

このような症状が少しでも見られたら、大宮七里眼科に早めにご相談ください。


大宮七里眼科・加齢黄斑変性ページ




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。