大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

大宮七里眼科がレーザー白内障手術の詳しい説明をします
現在、世界で行われている白内障手術のなかでもっとも革新的な手術方法はレーザー白内障手術です
しかしレーザー白内障手術を行っている施設はほとんどありません。
大宮七里眼科はレーザー白内障手術450例以上という圧倒的多数の症例数を持ちます。
ここではレーザー白内障手術が、いかに革新的な白内障手術の技術であるかを説明します。

白内障手術の歴史はローマ時代からと大変に古いのですが、1967年にアメリカで超音波乳化吸引術が開発されたことにより急速に発達し普及しました。
その後の約40年間は白内障手術の技術そのものの大きな革新的進歩はありませんでした。

ところが2008年にヨーロッパでフェムトセカンドレーザーを使用した白内障手術が行われました。
これは白内障手術の歴史上、はじめて人である眼科医の手と目による手術でなく、機械が行うことによる白内障手術です。
眼科医が人間である以上、手による手術は不正確な部分があり、眼科医の目による手術は目測で行っています。
しかしレーザー白内障手術は人間の目と手による限界を超えることができる画期的手術です。
大宮七里眼科は日本で最初にレーザー白内障手術の可能性を見いだし、世界で最も普及しているレーザー白内障手術器機であるLenSx(レンズエックス)を導入しました。


①レーザー白内障手術は眼球にキャップをつけて行います。
麻酔は目薬で行い、痛みや圧迫感はほとんどありません。
レーザー中に器具などが見えることもありませんので、安心して受けることが出来ます。
レーザーは平均30秒で終わります。
LenSxCG動画PIとCCCキャップ のコピー


②大宮七里眼科が使用している最先端のレーザー白内障手術器機、LenSx(レンズエックス)には高性能のOCTという3Dで立体的に水晶体の前面と後面の形状をスキャンする機能があり、それにより眼球の構造を1つの画像にすることができます。
LenSxCG動画PIとCCCロールスキャン のコピー


③大宮七里眼科のレーザー白内障手術器機LenSx(レンズエックス)はOCTで解析した画像をもとにしてきわめて正確に前嚢切開を行うことが出来ます。レーザー白内障手術器機LenSxのOCTは眼科医が視認することが難しいほどの進行した白内障でも解析を行うことが出来ます。
LenSxCG動画PIとCCCその2 のコピー



④ここが日本で最初にレーザー白内障手術に成功した大宮七里眼科の手術室です。
右にあるのが
レーザー白内障手術器機LenSx(レンズエックス)です。
mainopeIndex000434.jpg  



レーザー白内障手術についての詳細は大宮七里眼科(TEL 048-686-7000)にお問い合わせ下さい。
なお大宮七里眼科の公式サイト(http://www.cataract.co.jp/)でも詳しく説明してます。


大宮七里眼科サイト
saito.jpg



大宮七里眼科レーシックサイト
resik.jpg






この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する