大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮七里眼科は250件以上のレーザー白内障手術を行いました
大宮七里眼科の2014年の診察は1月6日月曜、朝8時30分からです。
2014年も大宮七里眼科をよろしくお願いします。

2013年に日本ではじめてレーザー白内障手術に成功してから、250件以上のレーザー白内障手術を行いました。
レーザー白内障手術はもっとも先進的な白内障手術技術です。
大宮七里眼科はレーザー白内障手術のノウハウのすべてを持っています。


レーザー白内障手術は日本全体で見ると、まったくといっていいほど普及していません。
大宮七里眼科はレーザー白内障手術の素晴らしさを、レーザー白内障手術を見たことのない眼科医の先生方に知っていただくため、手術結果を眼科学会で紹介する活動をしています。
質問にも丁寧に答え、見学も受け入れています。
大宮七里眼科はレーザー白内障手術について持っている技術をすべて眼科医の先生方に公開し、その普及に努めています。


大宮七里眼科はレーザー白内障手術だけでなく、多焦点眼内レンズのノウハウも持っています。
大宮七里眼科は開院以来5年間で3000件以上の白内障手術を行い、そのうち590件以上は多焦点眼内レンズを使用しています。
多焦点眼内レンズは高い確率でメガネが不要になる、優れた眼内レンズです。
(眼内レンズとは白内障手術で眼内に移植する人工レンズのことです)
メガネが不要になるというのは、近視や遠視や老眼が治るということです。
多焦点眼内レンズもレーザー白内障手術と同様に日本国内ではほとんど使用されていません。
大宮七里眼科は多焦点眼内レンズについての手術結果も眼科学会などで他の眼科医の先生方に数回にわたり紹介しています。


レーザー白内障手術は多焦点眼内レンズを、従来の手術よりも的確な位置に挿入することができます。
まさに多焦点眼内レンズのための器機といえます。
大宮七里眼科では多数の多焦点眼内レンズを使用したレーザー白内障手術を行いました。


大宮七里眼科でのレーザー白内障手術については以下のビデオで詳細に解説してます。














大宮七里眼科レーザー白内障サイト

大宮七里眼科レーシックサイト




テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。