大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レーザー白内障手術と通常の白内障手術の違い
大宮七里眼科ではフェムトセカンドレーザー白内障手術という世界最先端の白内障手術を行っています。
フェムトセカンドレーザー白内障手術は日本ではほとんど知られていませんが、アメリカ合衆国だけで30万件以上が行われており、その高い安全性と正確性が認められています。

従来の白内障手術は人間である眼科医の目で見て、その目測で距離や深さを判断し、同じく人間の手で組織の切開や縫合を行っていました。
現在でも消化器外科や呼吸器外科、脳神経外科、心臓血管外科などほぼすべての外科手術は人間の目で見て目測で判断し、人間の手で行っています。
レーザー白内障手術はOCTスキャンという近赤外線を用いて眼球の構造を立体的に分析する検査装置がついており、その結果をもとにレーザー光線がミクロン単位の精度で切開を行います。
そのためレーザー白内障手術では、人間の目で見て人間の手で操作する手術にくらべて極めて精度が高く、思い通りの位置、深さ、大きさで切開することが可能になります。
大宮七里眼科は2012年に日本ではじめてレーザー白内障手術に成功し、700例以上ものレーザー白内障手術を行いました。
大宮七里眼科の持つレーザー白内障手術のデータはアメリカでの眼科学会(アメリカ白内障屈折矯正手術学会)にて大宮七里眼科・山崎健一朗院長により紹介されました。
世界最先端の白内障手術についてお知りになりたい方はYoutubeで大宮七里眼科のレーザー白内障手術の動画をごらん下さい。




saito.jpg 


















大宮七里眼科サイト






スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。