大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮七里眼科ではLenSx(レンズエックス)によりレーザー白内障手術を行います
大宮七里眼科は日本で最初にレーザー白内障手術に成功し、すでに500件以上のレーザー白内障手術を行いました。
大宮七里眼科が500件ものレーザー白内障手術に使用したレーザー白内障手術器機はアルコン社のLenSx(レンズエックス)です。
LenSx(レンズエックス)は世界で最先端のレーザー白内障手術機器です。


LenSx(レンズエックス)はOCT (光干渉断層計、Optical Coherence Tomography)という赤外線を用いて眼の構造を詳細に分析する機器を備えており、リアルタイムで眼の中を分析します。

レーザー白内障手術器機・LenSx(レンズエックス)は、OCTによる分析によって非常に精度が高く、高速に、しかも最小限の誤差で行うことができます。

従来の白内障手術では術者の感覚によって行われている部分がありました。
あくまで人間の手と目による目測にたよって手術をするので、どうしてもある程度の誤差が生ずる可能性がありました。

レーザーによる白内障手術の最大の特徴はメスを使わない最先端技術であることです。
白内障手術の中で行われる「水晶体前嚢切開」、「水晶体核破砕」、「角膜切開」は、とても難度の高い手技を要しますが、その重要な過程においてLenSx(レンズエックス)を使用することにより、超高性能なフェムトセカンドレーザーが短時間かつ数ミクロンの誤差もなしに行うことのできる白内障手術を可能にしました。
LenSx(レンズエックス)はOCT (光干渉断層計Optical Coherence Tomography)という赤外線を用いて眼の構造を詳細に分析する機器を備えているため、リアルタイムで眼の中を分析し患者さん一人ひとりの眼にあわせた手術を行うことができます。
LenSx(レンズエックス)は、OCTと1000兆分の1秒単位で照射されるフェムトセカンドレーザーを完全に統合するように特別に設計された、次世代の白内障手術のための最新鋭手術機器です。


大宮七里眼科のレーザー白内障手術について興味のある方は是非お問い合わせください。(大宮七里眼科 電話 048-686-7000)


mainopeIndex000434.jpg


saito.jpg



大宮七里眼科・レーザー白内障手術


大宮七里眼科レーシック







スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。