大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

近隣の医療機関のみなさまへ
大宮七里眼科では近隣の医療機関(総合病院、眼科クリニックのいかんを問わず)からの患者の紹介をお受けします。
大宮七里眼科では2012年に日本で最初のレーザー白内障手術に成功し、さらに最新のレーシック機器であるアルコン社リフラクティブスイートを導入しました。
大宮七里眼科は世界最先端のレーザー白内障手術とレーシックが施行できる、世界でも稀にみる眼科手術設備を持つクリニックとなりました。
大宮七里眼科の最新のレーシック機器、レーザー白内障手術機器、前眼部OCTなどの検査機器が、近隣の医療機関に通信してる患者さんのお役にも立てればと願っております。
手術や治療を実際に行うだけでなく、レーシックや多焦点眼内レンズ白内障手術のご相談だけでも賜ります。
近隣の医療機関からの紹介患者に関しては、患者さんのアクセスを考え、治療が終わり次第早めに近医である元の医療機関に戻っていただくようにしております。


大宮七里眼科では以下の治療ができます。

(レーシックなど)
レーシックによる白内障手術後の残余近視、遠視、乱視の矯正(裸眼視力の向上)
レーシックや有水晶体眼内レンズによる若年者の近視、遠視、乱視の矯正
エキシマレーザーによる角膜疾患治療(帯状角膜変性などへの治療的角膜切除など)

(前眼部OCT検査)
前眼部OCTによる円錐角膜、強度の乱視などの診断やコンタクトレンズ処方


(白内障手術)
多焦点眼内レンズによる白内障手術(老視治療)
フェムトセカンドレーザー白内障手術
後発白内障へのYAGレーザーによる後嚢切開術

(緑内障治療)
閉塞隅角緑内障へのレーザー治療(LI)
開放隅角緑内障へのレーザーによる眼圧下降療法(SLT)

(眼底疾患治療)
抗VEGF療法(ルセンティスやアイリーア)による加齢黄斑変性の治療
糖尿病網膜症、網膜血管閉塞症へのレーザー治療



大宮七里眼科ではすべての患者さんの視力向上を願っています。
それは当院に通っている患者さんだけでなく、近隣の総合病院、眼科クリニックに通院している患者さんに関しても同じです。

大宮七里眼科の持つレーザー白内障手術技術やレーシックの技術を貴院の患者さんの視力向上に生かせればと思います。
詳しくは048-686-7000までお気軽にお問い合わせください。


DSC_4982re.jpg


大宮七里眼科
www.nanasatoeye.com





大宮七里眼科の目標
大宮七里眼科の最終的目標、課題は「すべての人の視力を上げる」ことです。
よって大宮七里眼科は人の視力を上げることに焦点をおいて、すべての手術や診察を行っています。

「すべての人」とは病気の人も、そうでない健康な人も、お年寄りも若い人も含まれます。

レーシック、レーザー白内障手術、多焦点眼内レンズ、ICLなど、大宮七里眼科が行っている最先端治療はすべて視力を上げるために行っています。

レーシック、ICL(有水晶体眼内レンズ手術)は病気ではない人の視力を上げる手術です。
レーシックやICLは近視、遠視、乱視をほとんどゼロにすることが出来ます。

白内障手術は白内障という加齢性の変化に対する根治手術であると同時に近視や遠視を限りなくゼロに近づけ、視力を上げるための手術です。
大宮七里眼科においての白内障手術は、単なる白内障根治手術ではありません。
白内障手術の中でも世界最高レベルの結果を出すためにレーザー白内障手術、多焦点眼内レンズを導入しています。


レーザー白内障手術が開発されるまでは、白内障手術はすべてアナログに、医者の手で行っていました。
アナログレコードがデジタルCDになり音質が格段に進化したのと同様に、白内障手術はアナログな医者の手による手術から、デジタルであるレーザー白内障手術にシフトしつつあります。
大宮七里眼科は2012年6月に日本で最初にレーザー白内障手術を導入し、成功しました。
それ以降、現在までに多数のレーザー白内障を行いました。


眼内レンズとは白内障手術で移植するレンズのことです。
多焦点眼内レンズは従来の単焦点眼内レンズに比べ、格段に進歩した眼内レンズです。
手元と遠くに焦点が合っていて、さまざまな距離を眼鏡なしでみることが出来ます。
たいへん優れた性能の多焦点眼内レンズですが、眼科医が手術で使用するにはハードルが高く、日本ではほとんど普及していません。
大宮七里眼科では430件の多焦点眼内レンズ手術を行いました。
その件数の多さから、大宮七里眼科院長は日本白内障屈折矯正学会で眼科医の先生達向けの多焦点眼内レンズについてのセミナーの講師にご指名を受けました。



患者さんが病気により視力が低下している場合には、確実に診断し治療することにより視力を上げます。
その代表が加齢黄斑変性に対するルセンティス注射です。
大宮七里眼科は毎月数多くのルセンティス注射を行っています。
大宮七里眼科では、ルセンディス注射を的確に行うことで多くの加齢黄斑変性の患者さんに喜ばれています。


視力を上げるためにレーシック、ICL、レーザー白内障手術、多焦点眼内レンズ、ルセンティスを行い、それを行うためにために大型手術室を2つ設け、外来に最新の検査機器をそろえています。


大宮七里眼科では「視力をあげる治療」を高度なレベルで行っています。


DSC00833re.jpg



DSC_1756re.jpg  



大宮七里眼科
www.nanasatoeye.com