大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮七里眼科のレーシック施設見学について
2012年6月に日本で初めてレーザー白内障手術を行った大宮七里眼科が、10月に埼玉県初の大型レーシック専用手術室を新たに増設しました!!


そのレーシック専用手術室に、現在世界で使用されているレーシック機器のうち、最高精度と最高速度を誇るレーシック機器であるリフラクティブスイートを導入しました。
リフラクティブスイートとは、レーシックで使用する2台のレーザー機器をリンクすることで従来のレーシック機器に比べ革新的な精度で屈折矯正ができる最新機器です。


リフラクティブスイートでは通常のウエーブフロント・オプティマイズド・レーシックの他に、最先端のトポガイドレーシックも可能です。
トポガイドレーシックは角膜の屈折度数をより正確に把握しながら照射することにより、通常のレーシックよりもさらに良好な結果を得ることができます。
大宮七里眼科ではリフラクティブスイートによるトポガイドレーシックをレーシック開始特別価格21万円で提供します。(キャンペーンが終わり次第、価格は定価となります)
ウエーブフロント・オプティマイズド・レーシックレーシック開始特別価格18万円です。


レーシック専用手術室には見学用の窓があり、外から手術室の見学が出来ます。
大きなガラス窓越しにレーシック機器が見えます。
レーシックについての説明をスタッフが行います。
見学は随時ではありません。
詳しくはお電話(048-686-7000)にてお問い合わせください。


日本国内ではレーシックを行う病院は術後のフォローを短期間しかしない場合が多いと言われています。

大宮七里眼科のレーシックは、ほかのレーシック専門施設とはまったく異なるシステムです。

大宮七里眼科は手術は永久保障と考え、レーシック後の診察をしっかりと行います。


大宮七里眼科はレーシック専門施設ではありません。
大宮七里眼科では白内障手術を2000例以上、多焦点眼内レンズだけでも300例以上行った眼科医専門医が、レーシック手術を行い、レーシック後も責任を持って診察します。


大宮七里眼科の最先端レーシックに興味のある方、ほかのレーシック専門施設で説明を受けたが術後のアフターケアの期間の短さに心配なことがある方は大宮七里眼科にお問い合わせください。






sitewating1Re.jpg


大宮七里眼科HP
http://www.nanasatoeye.com/





スポンサーサイト
院長が臨床眼科学会で学会発表しました
大宮七里眼科院長が10月25日に第66回日本臨床眼科学会で発表しました。

「+3.00Dおよび+4.00D加入の多焦点眼内レンズによる白内障術後の視機能の比較」という演題です。

日本国内で認可されている多焦点眼内レンズの見え方の比較を統計学的処理し、その結果から患者のニーズに合わせた眼内レンズ選択をする指標を作ろうと提案する内容です。

発表終了後、多焦点眼内レンズを実際に使用されている先生方からたくさんの反響をいただきました。
ありがとうございます。

医学は日進月歩で進歩しています。
大宮七里眼科もその一部に貢献し、逆に進歩を取り入れようと日々努力しています。






スクリーンショット 2012-10-27 1.41.28


http://www.nanasatoeye.com/




大宮七里眼科の3階にレーシック用フロア開設!!
大宮七里眼科はレーシック開始に際し、3階を新しくレーシック患者のためのフロアとして11月にグランドオープンします!!
3階も今
までの眼科クリニックにはない概念の内装にしました。
壁にはイタリア産の天然石を使用するなど、さいたま市や近隣の住民のみなさまのために、
たいへん居心地のいい空間としました。


大宮七里眼科は白内障手術に関して2012年6月に日本国内ではじめてレーザー白内障手術を開始しました。
レーザー白内障手術についてもたくさんの白内障手術患者さんに興味を持っていただきました。
そして多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を300例以上行い、老眼で手元が見えにくくなった患者さんが手術後に遠くも手元も見えるようになるという、従来の白内障手術の限界を大きく超える視力を提供してきました。

今回、大宮七里眼科は白内障手術年齢の中高年の方だけでなく、若年者にもすばらしい視力を提供するため、2012年11月に世界最高精度と最速を誇るレーシック機器、アルコン社リフラクティブスイートによるレーシックを開始します。

レーシックはメガネやコンタクトレンズを不要にするレーザー手術です。
点眼麻酔で行い、注射は不要です。痛みはほとんどありません。
日帰りで行い、両眼で15分程度で終わります。

大宮七里眼科ではこの最新のレーシックを18万円で提供します。
埼玉県さいたま市で、最新のレーシック技術をリーズナブルな価格で提供することにより、近隣の方々の視力回復に大きく貢献できればと考えています。


↓は3階完成予想CGです。


3階完成予想図2 のコピー


3階完成予想図1 のコピー  


gankan3re.jpg



大宮七里眼科HP
http://www.nanasatoeye.com/



大宮七里眼科がレーシックを開始します!!
大宮七里眼科がレーシックを開始します!!

レーシックとは角膜にレーザーを照射し、視力を回復する手術です。


視力を回復させるのに使用するレーザーはエキシマレーザーといいます。
レーシックではエキシマレーザーを照射する前にフラップと言われる角膜のふたを作ります。
従来のレーシックはフラップをマイクロケラトームという、いうなればカンナのような器具で作成していました。
しかし最近、マイクロケラトームの代わりにフェムトセカンドレーザーで高精度のフラップを作成することが可能になりました。
大宮七里眼科では数種類あるフェムトセカンドレーザーのなかで最新の機器であるアルコン社のFS200を導入します。
FS200は現存するフェムトセカンドレーザーの中で、最速レベルでフラップ作成することができます。

さらにエキシマレーザーはアルコン社のEX500を導入します。
FS200とEX500は互いにリンクしており、より精度の高いレーシックを行うことが可能です。
なお他社製品でエキシマレーザーとフェムトセカンドレーザーがリンクしているものは存在しません。

EX500は従来のエキシマレーザーがオプションとして行ってきたウエーブフロント解析による照射を、オプションではなく全例に行うことができます。
しかも他社のレーザー機器のウエーブフロント照射に比べて少ない照射量で済みます。
EX500は最高のクオリティーのレーシックを、最速レベルのスピードで、しかも角膜でのダメージも最小限で行うことができるのです。

大宮七里眼科ではこの最新のレーシックを、18万円で提供します。

興味のある方は048-686-7000までお問い合わせください。


RS写真 のコピー


大宮七里眼科公式HP
http://www.nanasatoeye.com/




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。