大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

大宮七里眼科にクリスマスツリーを飾りました

大宮七里眼科のエントランスに毎年恒例のクリスマスツリーを飾りました!!

大きなツリーなので、東武野田線から見えます。

七里駅ー岩槻駅間をとおるときはぜひ見てください。
夜はライトアップしています。


DSC00057re.jpg



大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/Nanasatoganka/Top.html




多焦点眼内レンズの手術を大宮七里眼科で受けた患者体験記 9


大宮七里眼科で多焦点眼内レンズによる手術を受けた患者さんの体験記を掲載します。
患者Jさんは60才代の男性で、現役の学校の先生です。



**********************

私は10年前より物が見にくくなってきました。
特に夜間車を運転していると、対向車のライトが眩しくなり危険でした。

数件の眼科医院に通院してもいっこうに良くならず思案にくれているとき、散歩中に大宮七里眼科の前をたまたま通りかかりました。
大宮七里眼科の3階建ての白亜の建物をはじめて見たとき、他の眼科にはない雰囲気を感じました。
直感的にここならなんとかしてくれるかもしれないと思い、大宮七里眼科を受診してみました。

大宮七里眼科では院長先生に白内障の手術を勧められました。
多焦点眼内レンズについても説明を受けました。
「はい、よろしくお願いいたします」と返事をしました。


そして大宮七里眼科で多焦点眼内レンズの手術を受けました。
いままで大きな病気をしたことがなかったので手術中は不安でドキドキしました。
しかし院長先生の優しい言葉で安心いたしました。

手術のあとは劇的に視力が回復しました。
たとえるなら、子供の時に田舎の群馬の野山を見ていたあの青春の日に戻ったような感覚です。
目が良くなるとともに精神、身体、心まで明るくなりました。

これもみんな院長先生、スタッフの皆さんの心ある暖かい対応のおかげです。
心より感謝申し上げます。
ありがとうございます。

**********************


(大宮七里眼科からコメント)


Jさんは現役の学校の先生で、じっさいに学生に講義をしている方です。
授業では手元の教科書を見ながら遠くの生徒の顔もみなければいけません。
このような仕事では、高いレベルの視力が要求されます。
そして遠くも手元も瞬時にみなければいけないので、いちいちメガネをかけかえていると仕事になりません。
その点、多焦点眼内レンズは理想的な近見および遠見の視力を得ることができます。
Jさんは大宮七里眼科での多焦点眼内レンズによる白内障手術後はいっさいメガネを使わずに授業を行い、旅行をし、生活をしています。
大宮七里眼科での白内障手術のあと、Jさんは表情まで明るくなりました。
多焦点眼内レンズによって生活が便利になっただけではなく、人生全体が明るくなったのがこちらからも見てとれます。
このように患者さんに心まで明るくなっていただくために、これからも大宮七里眼科は多焦点眼内レンズをはじめ最先端の眼科医療を提供できるように努力します。


DSC00046re.jpg  


大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/Nanasatoganka/Top.html





多焦点眼内レンズの手術を大宮七里眼科で受けた患者体験記 8


大宮七里眼科で多焦点眼内レンズによる手術を受けた患者さんの体験記を掲載します。
患者Hさんは60才代の女性です。


**********************
昨年、仕事先の健康診断をうけたところ、要再検査の通知がきたので大宮七里眼科を訪れました。
大宮七里眼科で検査をお願いしたのが院長先生との出会いでした。

その時、院長先生に白内障が始まっている事を告げられました。
「エッ?もう?」と内心驚きました。

しかし私は強度の遠視に老眼で、仕事でのコンピューター作業をするため3つのメガネを使い分けていた時もあったほどでした。

 院長先生に目の負担を考え白内障の手術をして眼内レンズを入れることを勧められ、最初戸惑いもありましたが、手術をお願いすることにいたしました。

 院長先生に眼内レンズにも2種類があり、単焦点眼内レンズは近くを見る時にメガネが必要である事、多焦点眼内レンズであればメガネが必要でなくなる可能性が高いこと、特に新聞など細かい字も良く見えることをお聞きしました。
ただし多焦点レンズの場合には手術後にハロー、グレア症状が現れるとの説明もして頂きました。

私はメガネが必要なくなればいいと思い、多焦点レンズを選びました。


手術後、夜の車の運転の時はハロー現象が何カ月か続きました。
しかしそれも説明を受けていたので慌てずにすみ、日を追うごとにその現象もよくなっていきました。

また室内の電気がまぶしいときもありましたが、それも日を追う毎に良くなってきました。

多焦点レンズを選んで良かったと思える事は仕事でのコンピューター作業がつらくなくなった、レース編みがおっくうでなくなったこと、糸通しを人に頼らなくてもすむようになったことです。

そしてなにより私は女性であるため、お化粧をするときにハッキリ見えるようになったので鏡に食い入るように見なくてもすむようになり、大変楽になりました。

また買い物に行っての値札がハッキリ見えるようになったので、お金を間違える事もなくなり助かっています。
多焦点眼内レンズによる手術の後、私はメガネをまったくかけなくてすむ生活を楽しんでいます。
**********************


(大宮七里眼科からコメント)
遠視の強いひとは加齢に伴って手元が見にくくなります。
近視のひとは60才を過ぎても老眼鏡なしに手元が見えますが、遠視のひとはコンピューター作業や新聞雑誌を読むときに老眼鏡が必要となります。
遠視の強いひとの中にはコンピューター用、新聞用、料理用などいくつもの老眼鏡を一日に何度もかけかえる人もいます。
とくにHさんのように仕事でコンピューター作業をするひとはメガネをかけても目が疲れやすく、集中できなくなります。
女性の場合には化粧はメガネをかければいいというものではなく、お困りの方が多いようです。
多焦点眼内レンズによってメガネなしで化粧ができるようになると、たいへん喜ばれます。

多焦点眼内レンズのデメリットのひとつにハロー・グレアがあります。
ハローとは夜間にライトのまわりに輪が見えること、グレアは光がにじんで見えることです。
しかしこれらについては大宮七里眼科では手術前に医師から直接ていねいに説明し、さらに手術前に見ていただく多焦点眼内レンズの説明用DVDでも詳しく説明しているので安心です。
これらデメリットよりも、多焦点眼内レンズによってすばらしい視力が得られることでメガネがいらなくなるメリットのほうが上回ることが世界中から発表されている学会発表でで証明されています。



IMG_1482re.jpg


大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/Nanasatoganka/Top.html





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体