大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

多焦点眼内レンズの手術を大宮七里眼科で受けた患者体験記 7

大宮七里眼科で多焦点眼内レンズによる手術を受けた患者さんの体験記を掲載します。
患者Gさんは60才代の女性です。


**********************
私は平成22年に両眼の多焦点眼内レンズによる白内障手術を大宮七里眼科で受けました。
手術の前には手術中に痛みがあるか心配でしたが、手術中も手術後も痛みはまったくありませんでした。
手術後はまったくメガネを使う必要がなくなりました。
メガネの煩わしさがなくなり、便利になりました。
手術後は色彩があざやかに見えるようになり、視野も広がって見やすくなりました。
手元の細かな文字も見やすくなり、仕事に支障がなくなりました。
手術前にははひどかった眼精疲労がなくなり、
多焦点眼内レンズによる白内障手術を受けて本当によかったと思います。
**********************


(大宮七里眼科からコメント)
大宮七里眼科は多焦点眼内レンズによる白内障手術をたくさん行いました。
多焦点眼内レンズを多数使用した経験のある眼科はほとんどないので、大宮七里眼科の患者さんのなかには東京、神奈川、千葉、福島県の人もいます。

大宮七里眼科で多焦点眼内レンズによる白内障手術をうける患者さんのほとんどは大宮七里眼科を受診してから多焦点眼内レンズを知った人が大半です。
患者Gさんも大宮七里眼科を受診する前には多焦点眼内レンズのことは知りませんでした。
大宮七里眼科で多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズのちがいについて説明をうけて、多焦点眼内レンズを選択しました。
多焦点眼内レンズは文字がみやすくなりため、仕事をしているひとにはたいへん重宝します。
目は近くをみるときに調節するために目の筋肉を使うため、遠視などによってピントを合わせにくい場合には強い眼精疲労を引き起こします。
患者Gさんは手術前は遠視でした。
Gさんのように遠視がつよくて眼精疲労で悩んでいる人の場合、多焦点眼内レンズによる白内障手術をすることによって眼精疲労が起こらなくなる効果が期待できます。



大宮七里眼科公式HP
web.mac.com/karamawari/Nanasatoganka/Top.html



IMG_1474re.jpg







多焦点眼内レンズの手術を大宮七里眼科で受けた患者体験記 6

大宮七里眼科で多焦点眼内レンズによる手術を受けた患者さんの体験記を掲載します。
患者さんFは70才代の女性です。



**********************

わたしは文庫本や新聞などを読むときに老眼鏡をかけ、その上に虫眼鏡を使っても文字が見にくくなりました。
そこで思いきって大宮七里眼科に行ってみました。

「白内障ですね。それもかなり進んでいます。すぐに手術をしたほうがいいですね」との山崎院長先生の声に「やはり・・・」と思いました。

今までは白内障の手術など、人の話とばかり聞き流していました。
そのときには私も手術を受けなければならないかと思いましたが、なんかこわくなってしまいました。

しかし、だんだんと不自由になりとうとう主人に相談しました。
主人は「自分のことだから自分で決めたらいい」とのことで、私は思いきって院長先生に手術をお願いしました。
院長先生から保険のきく単焦点眼内レンズと保険のきかない多焦点眼内レンズの二種類のちがいについて、いろいろ説明を受けました。
多焦点眼内レンズについては初めてききました。
いままで長い間酷使してきた我が目が愛おしくなり、これから眼鏡がいらなくなればいいなとと思い、「ちょっと高いな」と思いましたが、「わが眼」へのお礼のつもりで多焦点眼内レンズをお願いしました。

おかげで今では、新聞や文庫本等の「ルビ」まで良く読め、眼鏡いらずで大変助かっています。

そして現代の医学に感謝しながら毎日を過ごしております。

**********************



(大宮七里眼科からコメント)
患者Fさんのように、多焦点眼内レンズについて知っているひとはほとんどいません。
大宮七里眼科に受診してからその名前を聞く人が大半です。
ほかの病院ではほとんど扱っていないからです。
しかし、大宮七里眼科では多焦点眼内レンズと単焦点眼内レンズについて十分に説明をしますので、みなさんがよく考えて選択していただけます。
結果的にどちらにするにせよ、大宮七里眼科では患者さんに選択する権利があります。

患者Fさんは白内障手術前は老眼鏡をつかっても、さらに虫眼鏡をつかっても新聞が読みにくかったそうです。
しかし大宮七里眼科で多焦点眼内レンズによる白内障手術をうけて、新聞のルビ(ふりがな)までメガネなしでよく見えるようになりました。
この劇的な改善は通常の単焦点眼内レンズでは得がたいものです。

現在、老眼の治療法はいくつかあります。
多焦点眼内レンズは現存する老眼の治療法のなかで、最も完璧に近い治療です。
しかし多焦点眼内レンズはあくまで白内障手術でしか使用できないため、白内障手術をするときこそ老眼治療の最初で最後のチャンスです。
そのチャンスのときまでに、多焦点眼内レンズのことをよく知っておいてください。





大宮七里眼科公式HP
web.mac.com/karamawari/Nanasatoganka/Top.html


IMG_1488re.jpg




テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体