大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

大宮七里眼科から3回目の被災地へのメガネ送付をしました

大宮七里眼科では眼科医院として、そしておなじ日本人として東日本大震災の被災者の方々のために何が出来るかを考え、3月27日から被災地でメガネがなくて困っているひとたちに送る運動をしてきました。

結果、大宮七里眼科の近隣の住民の方々かたは多数の寄付をいただきました。


4月5日に集まった約100本のメガネを岩手医科大学(花巻中央眼科あて)に第1回目の送付をすることができました。

5月17日に48本のメガネを岩手でメガネを配るボランティア活動をしている秋田県の眼鏡店、レ・メエルに第2回目の送付をしました。

7月8日に94本のメガネを仙台の東北大学あてにお送りし、無事に3回目のメガネ送付をしました。

今回のメガネの寄付の運動を通じ、大宮七里眼科の近隣住民のひとたちが被災者たちを思う暖かい気持ちを強く感じました。

インターネットでこのブログや大宮七里眼科公式ホームページをみて、わざわざ遠方からもメガネをたくさん郵送してくれた方もたくさんいます。

東北地方の関係者の方々によるとメガネは一通り行き渡っているのではないかとのことです。
これにより大宮七里眼科でのメガネを被災地に送る運動はいったん終了させていただくこととしました。


ご協力いただいたひとたちには厚くお礼を申し上げます。



IMG_0470re.jpg



大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/Nanasatoganka/Top.html






日本は多焦点眼内レンズの普及が欧米より遅れています

白内障手術で用いる眼内レンズは2種類あります。
ひとつは単焦点眼内レンズ、もうひとつは多焦点眼内レンズなど付加価値眼内レンズ(プレミアム眼内レンズともいいます)です。

日本での多焦点眼内レンズの普及は、他の先進主要国のなかでかなり立ちおくれています。
すべての白内障手術のうち多焦点眼内レンズなど付加価値眼内レンズの占める割合は、アメリカで9.0%、ヨーロッパで8.1%、日本ではたった1.4%です。


このことは多焦点眼内レンズを扱った経験のある眼科医の数も、日本では極端に少ないことを示しています。
白内障手術を行う眼科は多々ありますが、多焦点眼内レンズなど付加価値眼内レンズを扱っている眼科はごくわずかです。


多焦点眼内レンズは既存の単焦点眼内レンズとは異なった特性があります。
大宮七里眼科では多数の多焦点眼内レンズの使用症例数を誇ります。
そのなかには特殊な症例もあります。
たとえば20歳代の若年者の白内障、アトピー性皮膚炎による白内障、片眼は単焦点眼内レンズによる手術を他院で受けた症例、80才以上の高齢者、視力不良の成熟白内障などです。


このような方でも多焦点眼内レンズによる手術を受けられる場合があります。
自分はだめかもしれないと決めつけず、多焦点眼内レンズに興味のある方はぜひ大宮七里眼科でご相談ください。




ReSTOR写真


大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/Nanasatoganka/Top.html