大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

近視を治す手術について

近視を治す方法のひとつとして眼内レンズを挿入する手術があります。

強い近視のひとに挿入することで近視を矯正する有水晶体眼内レンズ(商品名:ICL)がこのたび厚生労働省で認可されました。
有水晶体眼内レンズの手術は日本ではまだ普及していませんが、世界的にはたくさん行われています。

大宮七里眼科では積極的にこの有水晶体眼内レンズによる近視矯正手術を行っていきます。

有水晶体眼内レンズによる手術は日帰りです。
麻酔は点眼麻酔だけです。
注射などはありません。
ただし保険外診療となります。
近視が強い症例に対しては、レーシックに比べて術後の見え方がよい(専門的には術後惹起収差が少ない)との報告があります。

近視が強いがコンタクトレンズやメガネから解放されたい、あるいは近視が強すぎる、角膜が薄いなどの理由で他院でレーシックを断られたなど、近視でお悩みの方はぜひ大宮七里眼科でご相談ください。





staar_visian_icl.png


大宮七里眼科HP
http://web.mac.com/karamawari/Nanasatoganka/Top.html




大宮七里眼科で加齢黄斑変性の治療ができます
現在テレビコマーシャルで加齢黄斑変性の治療いついて紹介されています。
大宮七里眼科でその加齢黄斑変性の治療ができます。

加齢黄斑変性は視覚障害者手帳交付の原因疾患のなかで4番目に多い病気です。
日本人の70万人がこの疾患にかかっているとされています。

加齢黄斑変性は脈絡膜から発生する脈絡膜新生血管が原因です。
診断には蛍光眼底造影や光干渉断層計(OCT)が有用です。
大宮七里眼科でこれらの検査ができます。

加齢黄斑変性の症状は視野の真ん中がゆがんで見えたり、ぼやけて見えたり、ひどい場合には中心が黒く見えます。
従来まったく治療法のない病気でしたが、いまはルセンティスという薬による治療があります。

大宮七里眼科ではルセンティスを多くの加齢黄斑変性の患者さんに使用し、良好な成績を得ています。

加齢黄斑変性についての説明は下記をご覧下さい。
http://www.kareiouhan.com/wcs/search/show.php


6月17日(金)は日本白内障学会出席のため午前のみの受付です。
7月は特別な休みはありません。
8月は15日から20日まで休診です。



P1030510re.jpg



大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/







テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

被災地への義援金について
 
大宮七里眼科は東日本大震災の被災地へのボランティア活動に力を入れています。

不要になったメガネを集めているほかに、義援金を集めています。

皆様からいただいた義援金は日本赤十字社を通じて被災地に送られます。

4月にいただいた20185円は被災地に無事送ることができました。

ありがとうございました。


大宮七里眼科の近隣住民の方々のあたたかいお気持ちに感謝いたします。

義援金はまだまだ募集しています。

大宮七里眼科の受付カウンターに募金箱を設置しています。

よろしくお願いします。





IMG_0985re.jpg 




大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/Nanasatoganka/Top.html