大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

花粉症の季節が始まりました

2月26日ごろから花粉症の患者さんが急増しています。
これからが本格的な花粉のシーズンとなります。

アレルギー点眼薬はここ数年でいくつかの新しいタイプのものが開発され、重症の花粉症、春期カタルにたいへん効果があります。
大宮七里眼科では症状の重症度、患者の年齢などを考慮し、最適の組み合わせで点眼薬を処方します。


また、大宮七里眼科では点眼薬の他にアレルギーの内服薬も処方します。
眠くなりにくいタイプの薬、漢方薬、小児に対して安全性の高い内服薬などさまざまな花粉症内服薬を採用しております。


今年は昨年の8倍の花粉が飛ぶそうです。
いままで花粉症になったことのない人も、今年から花粉症となる例が多数おこると予想されています。

目がかゆい、目やにがでる、目の周りが赤い、充血する、くしゃみ鼻水鼻づまりがひどい方はいままで花粉症になったことがなくても眼科受診をお勧めします。



P1030322namemini.jpg 



大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/







テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

大宮七里眼科ではまぶたの手術を行っています

大宮七里眼科では眼瞼(まぶた)の手術を行っています。
まぶたの手術には眼瞼下垂(まぶたが落ちてくること)の手術、眼瞼内半(さかさまつげ)の手術などがあります。


実際に大宮七里眼科で手術した患者さんの写真です。
眼瞼下垂の患者さんの手術前の写真です。
まぶたが下がってしまい、ものが見にくいとのことで大宮七里眼科に来院しました。

vk019942re.jpg


その患者さんの眼瞼挙上術(まぶたを上げる手術)を行った後の写真です。
まぶたが上がって目が大きくなりました。
形も自然で、つり上がった感じやひきつれもありません。
傷口もまったく分かりません。


vk023593re.jpg


下まぶたが内側にめくれこんで、さかさまつ毛になっている患者さんです。
さかさまつ毛で目にたくさん傷がついていました。
涙と痛みで目をあけることが困難でした。
下瞼が内側にめくれ、向かって左側半分のまつ毛が隠れてしまっています。
向かって右側のまつ毛は立ってしまい、眼球をこすっています。

vk053806re.jpg

大宮七里眼科で下まぶたのさかさまつ毛の手術を行った後の写真です。
さかさまつ毛が治って、下まぶたのまつ毛がすべて見えています。
目の傷もすぐなおり、痛みが消えました。
涙がたまることもなくなり、見えやすくなりました。

vk057486re.jpg

大宮七里眼科のまぶたの手術は(他の手術も)すべて院長が行っています。
まぶたが下がってきた、さかさまつ毛がひどい、他の病院で手術ができないと言われたという方はご相談ください。


大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/




テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

大宮七里眼科の緑内障の検査と治療

緑内障とは視野欠損をきたす進行性の病気です。
「緑内障=失明」という考えを持つ人を多く見受けますが、緑内障の方が全員失明するわけではありません。
緑内障は治療が可能な病気です。
緑内障の進行を予防する方法としては点眼薬、手術、そしてレーザーがあります。
点眼薬もレーザーもここ数年で格段に進歩しています。
とくにレーザー治療は従来のALT(アルゴンレーザー線維柱帯形成術)では繰り返し施行することでは副作用の可能性がありましたが、最新の緑内障レーザー治療であるSLT(選択的レーザー線維柱帯形成術)の出現により、副作用をほとんど起こすことなく眼圧を高確率で下げることができるようになりました。
SLTは特殊なレーザーで線維柱帯の色素細胞に対して効果があり、房水の流出抵抗を下げることで眼圧を下げる治療です。
大宮七里眼科ではこのSLTを導入し、適応のある方に積極的に行っています。

大宮七里眼科では緑内障の疑いのある方にはさまざまな検査にて視野以上の有無やタイプ、進行度を検査することができます。
具体的にはゴールドマン視野計による動的視野検査、ハンフリー視野検査による静的視野検査、そして光干渉断層計(OCT)により視神経乳頭辺縁の網膜繊維層の厚みを測定します。
さまざまな検査をすることにより多角的に緑内障の状態がわかり、最善の治療方針を決定することができます。

緑内障はたいへん患者数の多い疾患ですが初期には自覚症状がありません。
眼底検査で異常を指摘されたら必ず眼科を受診しましょう。


 
IMG_0152re.jpg

大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/




テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

大宮七里眼科に遠方から来る方へ
大宮七里眼科は遠方からお越しになる方も大勢おります。
スタッフは対応に慣れているのでご安心ください。

実際に定期的に通っている患者さんで、埼玉県北部はもちろん、茨城県や栃木県から通っている方もいます。

初診は予約の必要はありません。受付時間内に来ていただければ大丈夫です。
(受付時間は 平日8時30分から12時、午後 2時から5時、土曜8時30分から11時30分、休診日は木曜、土曜午後、日曜祝日)
念のために事前にお電話で診察日や時間を確認いただければ確実です。
初診は検査が多くお時間のかかる場合がありますが、再診は予約制です。

最寄りの駅は東武野田線の七里駅です。駅から歩いて3分のところにあり、迷うことはありません。
七里駅は大宮駅から野田線でわずか8分です。大宮駅近辺からは電車が便利です。遠方から電車を乗り継いでルセンティス治療を毎月受けにいらっしゃる加齢黄斑変性のかたもいます。

車では岩槻インターから5分です。浦和、久喜、加須、白岡、羽生、栗橋の方などが車でいらっしゃいます。

大宮七里眼科専用の60台駐車場があります。場所は当院のすぐとなりです。当院のならびにある薬局の角を曲がって裏へお回りください。

遠方からいらっしゃる患者さんの多くは大宮七里眼科の白内障手術に関する評判や多焦点眼内レンズについて関心のある方です。

「他の病院で白内障手術を勧められたがもっといい方法がないか」
「白内障手術をすると手元がメガネになると言われた」
「いまの先生に多焦点眼内レンズのことを聞いたらお勧めしないといわれた」
「白内障手術はできないと言われた」
「治らない病気と言われたが本当か」
「自分の病名やその治療法の説明がよくわからなかった」などといった方にも納得していただけるよう、先入観のない検査、診察をします



IMG_0141re.jpg


大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/



大宮七里眼科のドライアイの治療について
たいへん空気の乾燥が強い日が続いています。
 
そんななか、ドライアイへの優れた治療薬ふたつが新しく発売されました。
ひとつは0.3%のヒアルロン酸点眼(商品名:ヒアレイン点眼液0.3%)です。
ヒアルロン酸は涙を保持し安定させて目の乾燥を防ぎます。
0.3%のものは従来の0.1%よりも高濃度のヒアルロン酸を含むので、ドライアイに対しよりよい効果が期待できます。

そしてもう一つはジクアホソルナトリウム点眼(商品名:ジクアス)です。
こちらはまったく新しいタイプのドライアイ治療薬で、涙の成分であるムチンや水分の分泌を促進し、涙の状態を改善することで角結膜上皮の障害を改善します。

大宮七里眼科では(ドライアイ以外にも)新薬を積極的に使用しています。
また、大宮七里眼科では重度のドライアイに対し、涙の排出口である涙点をふさぐ涙点プラグという治療を行っています。
大宮七里眼科では涙点プラグの中でも副作用が少なく安全性の高いコラーゲン使用涙点プラグ(商品名:キープティア)を積極的に使用しています。
ドライアイでお悩みのかたはご相談ください。

今月の大宮七里眼科の受付の飾りはひなまつりです。


P1030322namemini.jpg 

大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/



テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

大宮七里コンタクト 料金を値下げしました
大宮七里コンタクトは大宮七里眼科に併設するコンタクトレンズ販売店です。
2月からコンタクトレンズの料金を値下げしました。
料金については以下のHPを見てください。



大宮七里コンタクト 価格表
http://web.mac.com/karamawari/contact/top.html


IMG_0359re.jpg 


大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/