大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

プレミアム眼内レンズという考え方
大宮七里眼科では多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を多数行っております。

とはいっても、大宮七里眼科において白内障手術のほとんどは保険適応となる単焦点眼内レンズを使用しています。
多焦点眼内レンズを使用した白内障手術は比率としては少数です。

その理由はふたつあります。
ひとつは多焦点眼内レンズは保険適応ではなく自費診療となることです。
そしてもうひとつは
多焦点眼内レンズはだれにでも有用というわけではなく、単焦点眼内レンズのほうが多焦点眼内レンズよりもメリットの多い場合があることです。



保健適応となる単焦点眼内レンズでは基本的に遠方に焦点を合わせた場合手元には焦点が合いません。
したがって手元の文字をみるときに眼鏡使用が必要となります。
下の写真は単焦点眼内レンズの見え方の例です。
遠くの野菜はよく見えていますが手元のメモはややかすんでいます。


スクリーンショット(2010-08-05 16.52.53)






多焦点眼内レンズは遠方にも近方にも焦点があるため、老眼鏡なしに新聞が読めるようになる画期的な眼内レンズです。
下の写真は多焦点眼内レンズの見え方の例です。
遠くの野菜も手元もメモもよく見えています。


スクリーンショット(2010-08-05 16.53.09)



多焦点眼内レンズでは保険適応となる単焦点眼内レンズでは得られない便利さを得ることができます。
多焦点眼内レンズは「プレミアム眼内レンズ」と呼ばれています。


プレミアム眼内レンズといっても、多焦点眼内レンズは単なる贅沢品ではありません。
たとえば不幸にも若年者が白内障になった場合、単焦点眼内レンズの場合には手術前に眼鏡なしで見えていた手元が「老眼鏡」なしに読めなくなってしまいます。
皮肉にも病気を治す手術をすることにより、老眼年齢でもないのに老眼鏡が必要になってしまうのです。
しかし多焦点眼内レンズでは若年者でも白内障手術前のような近方視力を得ることができます。
大宮七里眼科では30歳代にして白内障になってしまったたくさんの方々に多焦点眼内レンズを使用し、患者さんたちは大変高い満足度を得ています。



多焦点眼内レンズを使用した白内障を行っている施設はごく限られています。
大宮七里眼科では白内障手術の際に保険適応である単焦点眼内レンズか、プレミアム眼内レンズである多焦点眼内レンズかが選択できます。



ただし多焦点眼内レンズがご希望の方でも、多焦点眼内レンズを使用しない場合があります。
多焦点眼内レンズはだれにでも有用というわけではありません。
単焦点眼内レンズのほうが多焦点眼内レンズよりもメリットの多い方もいます。

大宮七里眼科では多数の多焦点眼内レンズ使用経験がありますし、国内外のデータについても把握しております。
エビデンス(医学的証拠)に基づき患者さんおひとりおひとりにその方にとっての多焦点眼内レンズのメリットとデメリットをご説明しております。
単焦点眼内レンズ、多焦点眼内レンズのメリットとデメリットについては個々の症例により異なります。
その上で患者さんにどちらの眼内レンズを使用するかを決めてもらっております。


なお大宮七里眼科では単焦点眼内レンズでも従来品である球面レンズよりも収差(光のにじみ)の少ない非球面レンズを使用するなど、最高の視力が得られるよう工夫しております。
単焦点眼内レンズの方にも高い満足度を得ていただいております。
下の大宮七里眼科公式HPにて当院での白内障手術後の患者さんのアンケート結果をご覧いただけます。
冒頭に書いたとおり、白内障手術患者のほとんどが単焦点眼内レンズですが、97%の方が「手術後の見え方に満足している」と答えています。



大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/








テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体