大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮七里眼科では加齢黄斑変性(AMD)の治療ができます
加齢黄斑変性(AMD)はアメリカでは中途失明原因の一位の疾患です。

日本ではもともとあまり見られませんでしたが、近年急増しています。

しかし残念なことに疫学的に日本のAMDの全体の患者数に比べ、治療されている患者数はごく一部なのが現実です。
つまり多くのAMDの患者さんが治療されていません。
両眼に発祥することが少なくないAMDですが、片眼だけに発症している場合はあまり自覚がなく眼科を受診しない方がいることなどがその原因と思われます。
せっかく健康診断で黄斑変性疑いといわれても眼科を受診しない方もおられるようです。
また病院に通院しているにもかかわらず、経過観察されている場合も少なからず含まれていると言われています。

つい最近までAMDは不治の病といわれていました。
治療どころか診断ですら困難でした。
しかしここ数年で光干渉断層撮影(OCT)などの検査機器の開発により確実な診断が可能になりました。
そしてルセンティスなどの治療方法の劇的な進歩で不治の病ではなくなりました。

当院はすでに多数のルセンティス注射回数を行い、自覚的に視力が回復して喜ばれている患者さんは数名いらっしゃいます。

他の病院で加齢黄斑変性といわれた方や健康診断で黄斑変性疑いと言われた方は大宮七里眼科にご相談ください。


sitewating1Re.jpg







スポンサーサイト

テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。