大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮七里眼科は加齢黄斑変性への治療にも力を入れています

大宮七里眼科では加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい、通称AMD)への最も先進的な治療である抗血管新生薬療法(薬品名: ルセンティス、アイリーア)という薬剤の投与による治療を多数の症例に行いました。

加齢黄斑変性は網膜の下の脈絡膜から新生血管ができる疾患で、最近まで効果的な治療はありませんでした。
しかし現在では加齢黄斑変性にたいして視力の低下を押させ、時には視力を改善させる効果を持つ抗血管新生薬療法(薬品名: ルセンティス、アイリーア)が行われています。
大宮七里眼科ではルセンティスやアイリーアという硝子体腔内注射による加齢黄斑変性の治療を積極的に行っています。

加齢横斑変性06

「新聞の文字が見にくくなってきた」「障子の桟(さん)が曲がって見える」などの症状がある方、他の病院で加齢黄斑変性とい われた方は大宮七里眼科にご相談ください。

すでに大宮七里眼科では多数のルセンティスやアイリーアを多くの患者さんに使用し、良好な結果を得ています。
実際に視力の改善した方も多数います。

加齢黄斑変性になると、見たいところが見えない、読みたい文字が読めないなど、日常生活に支障をきたします。
網膜とは目をカメラに例えるとフィルムにあたる所です。加齢黄斑変性はその網膜の真ん中である黄斑におこります。
したがって視野の真ん中が見にくくなります。

加齢黄斑変性の主たる症状としては

・ものがゆがんで見える
・視界の中心が暗く見える
・視界がぼやけて見える
・ものの見え方が不鮮明になる

などがあげられます。
片方の目から発症することも多いため、病気に気づきにくく、加齢のせいにしてそのままにしてしまうケースも少なくありません。

このような症状が少しでも見られたら、大宮七里眼科に早めにご相談ください。


大宮七里眼科・加齢黄斑変性ページ




スポンサーサイト
大宮七里眼科で加齢黄斑変性の治療ができます
現在テレビコマーシャルで加齢黄斑変性の治療いついて紹介されています。
大宮七里眼科でその加齢黄斑変性の治療ができます。

加齢黄斑変性は視覚障害者手帳交付の原因疾患のなかで4番目に多い病気です。
日本人の70万人がこの疾患にかかっているとされています。

加齢黄斑変性は脈絡膜から発生する脈絡膜新生血管が原因です。
診断には蛍光眼底造影や光干渉断層計(OCT)が有用です。
大宮七里眼科でこれらの検査ができます。

加齢黄斑変性の症状は視野の真ん中がゆがんで見えたり、ぼやけて見えたり、ひどい場合には中心が黒く見えます。
従来まったく治療法のない病気でしたが、いまはルセンティスという薬による治療があります。

大宮七里眼科ではルセンティスを多くの加齢黄斑変性の患者さんに使用し、良好な成績を得ています。

加齢黄斑変性についての説明は下記をご覧下さい。
http://www.kareiouhan.com/wcs/search/show.php


6月17日(金)は日本白内障学会出席のため午前のみの受付です。
7月は特別な休みはありません。
8月は15日から20日まで休診です。



P1030510re.jpg



大宮七里眼科公式HP
http://web.mac.com/karamawari/







テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

大宮七里眼科ではAMDにルセンティスの治療ができます
 
大宮七里眼科では加齢黄斑変性(AMD)に対してルセンティスによる治療ができます。

網膜(もうまく)とは目をカメラに例えるとフィルムにあたる所です。
加齢黄斑変性はその網膜の真ん中である黄斑(おうはん)におこります。
したがって視野の真ん中が見にくくなります。


ph_02kurai_a.jpg 


信号の色が分かりにくくなることがあります。



ph_04fusenmei_a.jpg 


加齢黄斑変性の原因は網膜の下の脈絡膜から新生血管ができることです。


012re.jpg 


大宮七里眼科ではルセンティスという薬剤を硝子体内に注射することにより加齢黄斑変性を治療することができます。



023re.jpg 


加齢黄斑変性の診断には網膜の断面図をとる検査機器であるOCT(光干渉断層計)が不可欠です。
大宮七里眼科ではカールツァイス社製のOCT-3000を採用しています。



zeiss oct 3 




加齢黄斑変性は最近まで不治の病でしたが、現在ではルセンティスなどの治療薬の開発により治療可能です。

「新聞の文字が見にくくなってきた」「障子の桟(さん)が曲がって見える」などの症状がある方はご相談ください。

05.jpg 




大宮七里眼科
http://web.mac.com/karamawari/





テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

大宮七里眼科では加齢黄斑変性(AMD)の治療ができます
加齢黄斑変性(AMD)はアメリカでは中途失明原因の一位の疾患です。

日本ではもともとあまり見られませんでしたが、近年急増しています。

しかし残念なことに疫学的に日本のAMDの全体の患者数に比べ、治療されている患者数はごく一部なのが現実です。
つまり多くのAMDの患者さんが治療されていません。
両眼に発祥することが少なくないAMDですが、片眼だけに発症している場合はあまり自覚がなく眼科を受診しない方がいることなどがその原因と思われます。
せっかく健康診断で黄斑変性疑いといわれても眼科を受診しない方もおられるようです。
また病院に通院しているにもかかわらず、経過観察されている場合も少なからず含まれていると言われています。

つい最近までAMDは不治の病といわれていました。
治療どころか診断ですら困難でした。
しかしここ数年で光干渉断層撮影(OCT)などの検査機器の開発により確実な診断が可能になりました。
そしてルセンティスなどの治療方法の劇的な進歩で不治の病ではなくなりました。

当院はすでに多数のルセンティス注射回数を行い、自覚的に視力が回復して喜ばれている患者さんは数名いらっしゃいます。

他の病院で加齢黄斑変性といわれた方や健康診断で黄斑変性疑いと言われた方は大宮七里眼科にご相談ください。


sitewating1Re.jpg







テーマ:医療・病気・治療 - ジャンル:心と身体

大宮七里眼科ではルセンティスで加齢黄斑変性の治療を行っています

大宮七里眼科では
加齢黄斑変性(AMD)の患者さんに対する治療を積極的に行っております。

加齢黄斑変性(AMD)という難治性の病気が日本でも増加しつつあります。
AMDは重大な視力低下を引き起こしますが、近年になって抗VEGF抗体という薬剤が開発され、治療可能となってきました。
大宮七里眼科で加齢黄斑変性への最も先進的な治療である抗VEGF抗体の投与による治療を行っております。抗VEGF抗体の薬品名はルセンティスといいます。
ルセンティスは硝子体内に薬物を注入するため、清潔度の高い手術室で行います。
ルセンティスの投与は
加齢黄斑変性症患者の視力を回復したり、視力低下により障害されていた日常生活機能を回復させる治療です。

大宮七里眼科ではルセンティスによる加齢黄斑変性の治療を積極的に行っています。
他院で加齢黄斑変性と言われた方はぜひご相談ください。



↓は加齢黄斑変性の眼底ではありません。

2002-7-15shoshinre.jpg 


大宮七里眼科ホームページ
http://web.mac.com/karamawari/





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。