FC2ブログ
大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宮七里眼科は開業10周年を迎えました
大宮七里眼科は2008年9月10日に埼玉県さいたま市で開業し、本日(2018年9月10日)無事に開業10周年を迎えることができました。
あっという間に駆け抜けて来た10年でした。

大宮七里眼科の10年は最先端白内障手術とともに歩んだ10年でした。
2008年の開院当初から多焦点眼内レンズの手術を行い、2012年には日本国内で初めてフェムトセカンドレーザー白内障手術を開始しました。
当初は多焦点眼内レンズやレーザー白内障手術の認知度が低かったため、最先端白内障手術である多焦点眼内レンズ、レーザー白内障手術を日本全国の人々に知っていただくために、2017年には山﨑院長が著書「人生が変わる白内障手術」を出版いたしました。
著書は多くの方に受け入れていただくことができ、今までに第5版、合計18000部を出版ことができました。その結果、著書を執筆した目的である、多くの方に最先端白内障手術を知っていただけるきっかけとなりました。
今では2300例以上の多焦点眼内レンズ手術、2000例以上のレーザー白内障手術を行うことができました。

北海道から沖縄まで全国各地から患者さんたちが来ていただけるようになり、多くの患者様やご家族、その他にもご指導いただいた先生方や関わりの中で、私たちも成長することが出来ました。
しかし大宮七里眼科は今までの実績に奢ることなく、心も新たに再出発する気持ちで10周年を迎えたいと思います。
これからもスタッフ一同、目の病気でお困りの方々、最先端白内障治療に希望を持って来てくださる方々のために精一杯、誠心誠意努力していく所存です。
今後とも大宮七里眼科をよろしくお願いします。

スポンサーサイト
大宮七里眼科2016年末と2017年始のお知らせ
大宮七里眼科の2016年年末の外来診察予定をお知らせします。

12月19日(月)、20日(火)、21日(水)の診察時間は通常通りです。22日(木)、23日(祝日)は休診です。12月24日(土)は8時30分から11時30分までです。年内最終日は12月26日(月)ですが、この日は午前中のみ(8時30分から12時)の診察となります。午後は休診ですのでご注意ください。

2017年の診察開始は1月6日(金)の午前8時30分です。

年末年始は混雑が予想されますので、レーザー白内障手術、多焦点眼内レンズを使用した白内障手術やレーシックをご希望の方はお早めの受診をおすすめいたします。

mainopeIndex000434.jpg 


大宮七里眼科



[READ MORE...]
夏季休暇のお知らせ
大宮七里眼科の2016年の夏季休暇は8月22日月曜から29日月曜までです。

8月15日月曜、16日火曜、17日水曜、19日金曜の午前8時30分から午後5時まで、及び20日土曜の午前8時30分から11時までは通常通りの外来診察を行っています。

休み明けは8月30日火曜8時30分から通常の外来診察となります。

大宮七里眼科の白内障手術は初診から約2ヶ月後で可能です。
多焦点眼内レンズやフェムトセカンドレーザー白内障障手術を用いた最先端白内障手術についても、手術までの期間は同じく約2ヶ月です。
白内障手術やレーシック、加齢黄斑変性治療などについてご相談したい方は夏季休暇の前に是非ご相談ください。


大宮七里眼科の多焦点眼内レンズやフェムトセカンドレーザー白内障手術について詳しくは下記のページをご覧ください。


saito.jpg 

大宮七里眼科





大宮七里眼科・2016年ゴールデンウイークの診察日について
大宮七里眼科の2016年のゴールデンウイークは暦通りの診察日程です。(木曜、土曜午後、日曜日、祝日は休診です)

4月28日から5月8日の間のうち、休診日は4月28日木曜、29日金曜、5月1日日曜、3日火曜、4日水曜、5日木曜です。

診察日は4月30日土曜午前、5月2日月曜、6日金曜、7日土曜午前です。

連休前に受診希望の方は4月27日水曜までにお越しください。なお27日は混雑が予想されますので、早めの来院をおすすめします。





ONEIenglish.jpg

大宮七里眼科 多焦点眼内レンズ




脱水と目の病気の関係
 大宮七里眼科の2015年の夏季休暇は8月24日月曜日までです。
8月25日火曜日から通常通りの受付時間となりますので、よろしくお願い申し上げます。
まだまだ暑い日が続きます。
こまめに水分をとるなど、脱水には十分に気を付けてください。
脱水になると血液の粘性が増します。
いわゆる「血がドロドロ」の状態になるということです。
目の病気で網膜静脈閉塞症という病気があります。
血栓が網膜の血管につまるために起こるます。
高血圧や糖尿病などの血液の粘性が増す病気では、
網膜静脈閉塞症のリスクが上がると言われています。
網膜静脈閉塞症は網膜の中心部である黄斑に浮腫(むくみ)をきたし、視力が低下する場合があります。
浮腫への治療として、大宮七里眼科でも行っているアイリーアやルセンティスといった抗VEGF薬を硝子体に注射する治療や、レーザー治療があります。
しかしいったん浮腫をきたすとやっかいな視力低下の原因になりますので、脱水には十分に気をつけることが大事です。





saito.jpg  

↑ 大宮七里眼科 公式サイト
ここでも抗VEGF療法について説明をしています








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。