大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ
大宮七里眼科は日本初のレーザー白内障手術施設です
プロフィール

nanasatoganka

Author:nanasatoganka
大宮七里眼科
おおみや・ななさと・がんか
日本で最初のフェムトセカンドレーザー白内障手術に成功!!
電話 048-686-7000
さいたま市見沼区風渡野678-1
多焦点眼内レンズ症例数・1000例以上
レーザー白内障手術症例数・600例以上
ともに日本最多レベル
レーシックによる最先端近視乱視治療
60台分専用駐車場あり
大宮駅から東武野田線9分
岩槻インターから5分

最近の記事

カテゴリー

リンク

七里駅前に眼科クリニック建設中のHPを見る

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最先端白内障手術ドットコムを立ち上げました
 大宮七里眼科が行っている最先端の白内障手術について紹介するページを立ち上げました。

最先端白内障手術ドットコム
http://hakunai.com/


大宮七里眼科は、1000例以上ものフェムトセカンドレーザー白内障手術を行いました。
フェムトセカンドレーザー白内障手術は日本ではまだまだ一般的ではありませんが、世界では数十万件以上が行われている一般的な手術方法です。


多焦点眼内レンズは若い頃の見え方に最も近い眼内レンズです。
大宮七里眼科では最先端の3焦点眼内レンズ、ファインビジョンを使用しています。
いままでの2焦点眼内レンズにくらべ、よりクリアーな中間距離の見え方になります。


最先端白内障手術ドットコムでは、レーザー白内障手術と多焦点眼内レンズを使用した最先端の白内障手術について詳しく紹介しています。
ぜひご覧下さい。




saisenntannhakunaisho.jpg 

最先端白内障手術ドットコム





スポンサーサイト
多焦点眼内レンズの専用解説サイトを立ち上げました
大宮七里眼科は2008年9月に開院して、すぐに多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を開始しました。

山崎健一朗院長は自らの両親にも多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を執刀したことで海外学会にも知られています。

大宮七里眼科はその1000症例以上もの多焦点眼内レンズ使用白内障手術の経験を生かし、このたび多焦点眼内レンズ専用サイトである「多焦点眼内レンズ・ドットコム」を開設しました。

「多焦点眼内レンズ・ドットコム」では、多焦点眼内レンズのメリット、単焦点眼内レンズとの違い、保険のシステムなどについて解説しています。

多焦点眼内レンズによる最新の白内障手術の、あまり知られていないメリットも盛り込んでいます。

多焦点眼内レンズはテレビ等で取り上げられているようですが、日本国内ではまだまだそのメリットは十分に知られていません。

多焦点眼内レンズのメリットがもっと広く知っていただくために、多焦点眼内レンズ・ドットコムを立ち上げました。
ぜひ大宮七里眼科の多焦点眼内レンズ解説サイトをご覧ください。


tashotendotto.jpg 


多焦点眼内レンズ・ドットコム





大宮七里眼科・多焦点眼内レンズ1000症例達成!!
大宮七里眼科は開業して6年数ヶ月で、多焦点眼内レンズを用いた白内障手術の症例数が1000例を達成しました!!

日本ではすべての白内障手術に対する多焦点眼内レンズ使用率は先進諸国よりも低く、年間で約1万件しか行われていないと言われています。

そんな多焦点眼内レンズが普及していない日本で、1000例もの多焦点眼内レンズ使用白内障手術を行えたのは、まさに大宮七里眼科を支えてくださる患者さんたち、そのご家族、近隣住民の方々のご支援の賜と思っております。
深く感謝申し上げます。

大宮七里眼科はレーザー白内障手術を日本で最初に成功させ、多焦点眼内レンズ使用症例は日本屈指となりました。
これらの実績に甘んずることなく、これからも埼玉県から世界最先端医療を与え続ける眼科クリニックとして、邁進していきます!!

大宮七里眼科の多焦点眼内レンズを使用した白内障手術症例1000例のお祝いに、エーエムオージャパン社鈴木祥子社長からたいへんりっぱな胡蝶蘭をいただきました。
外来を華やかに彩ってくれています。
ありがとうございました。


IMG_0731re.jpg 




大宮七里眼科・フェムトセカンドレーザー白内障手術サイト


大宮七里眼科・多焦点眼内レンズサイト






大宮七里眼科で老眼を治すことができます
あまり知られていませんが、老眼は多焦点眼内レンズを使用した白内障手術をすることで治すことができます。
逆にそのほかの方法で多焦点眼内レンズによる白内障手術ほど高い効果を得られる老眼治療方法はありません。

多焦点眼内レンズは遠方と近方の両方にピントの合っている眼内レンズです。
白内障手術で多焦点眼内レンズを使用した場合には老眼が治ったのと同じ状態になります。
いま世界で行われている老眼治療の中で、もっとも確実に老眼を治す方法は多焦点眼内レンズによる白内障手術です。
つまり白内障手術では老眼を治すことができるのです。
もちろん多焦点眼内レンズでも100%治るとはいえませんが、いわゆる保険診療の範囲で受けることのできる単焦点眼内レンズによる白内障手術では老眼の状態はまったく改善しません。
巷で売られてる本に書いてあるように「○○を食べると老眼が治る」「目をトレーニングすると老眼が治る」ということも絶対にありません。


多焦点眼内レンズは保険外診療ですが、先進医療の対象となります。
大宮七里眼科は多焦点眼内レンズについて先進医療の認定施設です。
先進医療特約の保険に加入している方には給付金がでることがあります。

大宮七里眼科は700例以上の多焦点眼内レンズを使用した白内障手術を行いました。
これは日本トップクラスの症例数です。
大宮七里眼科では多焦点眼内レンズを用いた白内障手術をレーザー白内障手術で行っています。
レーザー白内障手術は大宮七里眼科が日本で最初に成功した技術で、正確な切開(傷口)を作成することで多焦点眼内レンズ使用白内障手術をさらに高い手術精度で行うことができます。
老眼を治したい方はぜひ大宮七里眼科にご相談ください。



saito.jpg



大宮七里眼科
http://www.cataract.co.jp/


大宮七里眼科レーシック
www.lasik-laser.jp









大宮七里眼科では白内障手術が1ヶ月後に受けられます
大宮七里眼科では白内障手術をたった1ヶ月待ちで受けることができます。

総合病院では最低でも半年、長いと1年以上待たせることが多いそうですので、運転免許の期限が近いなどの理由で白内障手術を急いで受けたい方は是非大宮七里眼科でご相談ください。

大宮七里眼科はレーザー白内障手術を日本国内最初に成功し、さらに2013年11月までに200件以上もの症例数のレーザー白内障手術を行ってきました。

そして開院してたった5年で500例以上もの多焦点眼内レンズによる白内障手術を行いました。
レーザー白内障手術は99%が多焦点眼内レンズを使用しています。

レーザー白内障手術は世界で最先端の白内障手術技術ですが、日本ではまったく普及していません。
多焦点眼内レンズは白内障手術で使用する眼内レンズで最も優れたレンズですが、これも日本ではまったく普及していません。
とくに大病院では多焦点眼内レンズを使用しない傾向にあります。

大宮七里眼科はレーザー白内障手術のノウハウを知り尽くしています。
その大宮七里眼科での世界最先端技術のレーザー白内障手術も、一ヶ月待ちで受けることができます。




resik.jpg


大宮七里眼科 レーザー白内障手術サイト
http://www.cataract.co.jp/menu/hakunaisyo/


大宮七里眼科 レーシックサイト
http://www.lasik-laser.jp/








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。